おもちゃのファミリア
新潟県のおもちゃのファミリアパルム三条店と原信吉田店の製品情報や大会情報、結果を紹介していきます

2014/03/02MTG神々の軍勢ゲームデー

3月2日13時に行われたマジック・ザ・ギャザリング、神々の軍勢ゲームデーの結果です


新弾の神々の軍勢が発売されてから1ヶ月がたち、全国で一斉にゲームデーが行われ、どういったカードが強かったか、どのデッキが結果を残したかが話題になっています

ゲームデーではまずスイスドロー形式で4回戦ほど対戦をして、その結果で上位8位となったプレイヤーたちによる決勝トーナメントで優勝を決める大会です

今回のゲームデーで優勝デッキを紹介する前に、予選を勝ち抜いたベスト8のデッキは以下のとおりです

2:グルールモンスター
1:青単信心
1:ボロスバーン
1:ラクドスアグロ
1:青白コントロール
1:白緑呪禁オーラ
1:青黒コントロール

全参加者を通してみると一番多かったデッキタイプはのグルールモンスターでした

次いで青白コントロールでしたが、それ以外は多数のデッキタイプが入り混じった大会となりました

さて、今回は1位と2位のデッキを紹介します

本当はベスト4ぐらいまで挙げたいのですが記事が長めになるので






まずは2位のデッキです

【グルールモンスター】

IMG_1722.jpg
IMG_1723.jpg


クリーチャー:27
4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4:《森の女人像/Sylvan Caryatid》
3:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》
4:《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》
4:《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
3:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
1:《歓楽の神、ゼナゴス/Xenagos, God of Revels》

呪文:10
3:《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars》
1:《肉体+血流/Flesh+Blood》
4:《ドムリ・ラーデ/Domri Rade》
2:《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》

土地:23
5:《山/Mountain》
8:《森/Forest》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《変わり谷/Mutavault》
4:《奔放の神殿/Temple of Abandon》

サイドボード:15
4:《霧裂きのハイドラ/Mistcutter Hydra》
2:《高木の巨人/Arbor Colossus》
2:《ショック/Shock》
2:《霊気のほころび/Unravel the AEther》
1:《グルールの魔除け/Gruul Charm》
3:《加護のサテュロス/Boon Satyr》
1:《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》


赤と緑の優秀なクリーチャーで相手を倒すグルールモンスターが2位です

テーロス環境初期からいたデッキですが、神々の軍勢では新たに《クルフィックスの狩猟者》と《歓楽の神、ゼナゴス》を手に入れ、デッキの安定性と爆発力がさらに増しました

m054_201403041432268ef.jpgm055.jpg



さらに、このデッキの核である《ドムリ・ラーデ》と《歓楽者ゼナゴス》によるアド取りはコントロールデッキや除去の多いデッキ相手には欠かせない存在です

m058_201403041432319b1.jpgm057_201403041432305e6.jpg


神々の軍勢発売直後から活躍しているデッキですが、前回のテーロス環境の後半は除去の多い黒単やコントロールデッキの隆盛もあって一時はあまり見かけなくなりましたが、ここに来て再びグルールの時代が来たようにも思えます

次弾のニクスへの旅まで、どう生き残るか期待です


さて、優勝デッキの紹介です


【ラクドスアグロ】

IMG_1720.jpg
IMG_1721.jpg


クリーチャー:29
4:《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler》
3:《とげの道化/Spike Jester》
4:《灰の盲信者/Ash Zealot》
4:《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》
4:《チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix》
4:《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis》
2:《ラクドスの血魔女、イクサヴァ/Exava, Rakdos Blood Witch》
4:《悪意に満ちた蘇りし者/Spiteful Returned》

呪文:10
3:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4:《灼熱の血/Searing Blood》
2:《破滅の刃/Doom Blade》
1:《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》

土地:21
1:《沼/Swamp》
9:《山/Mountain》
1:《変わり谷/Mutavault》
4:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《ラクドスのギルド門/Rakdos Guildgate》
4:《悪意の神殿/Temple of Malice》

サイドボード:15
4:《群れネズミ/Pack Rat》
1:《闇の裏切り/Dark Betrayal》
2:《頭蓋割り/Skullcrack》
1:《破滅の刃/Doom Blade》
3:《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars》
2:《戦慄掘り/Dreadbore》
2:《殺戮遊戯/Slaughter Games》


見事に優勝を飾ったのは赤と黒のラクドスカラーのアグロデッキです!

下の画像で映っているプレイマットは優勝賞品のものです、チャンピオンの文字がカッコイイですね!

このデッキでは神々の軍勢のカードで《灼熱の血》と《悪意に満ちた蘇りし者》の2枚が4積みで採用されています

m058.jpgm057.jpg


《灼熱の血》は通常はクリーチャー限定2点火力ですが、ダメージを与えたクリーチャーがそのターン中に死亡すれば3点のライフダメージを与えることができます
限定的とはいえ、2マナ5点火力はなかなかのスペックですね

《悪意に満ちた蘇りしもの》はアタック時に相手をライフを2点減らす効果を持ちますがステータスが低いです

ただ、授与により同様の効果を自分の場のクリーチャーに与えることができるため、これにより積極的に相手ライフを奪うことができます

サイドやメインから特定のデッキに刺さるメタカードが見受けられますが、アグロらしく機能するクリーチャーとしては他にも《生命散らしのゾンビ》や《嵐息吹のドラゴン》なんかもいいかもしれません

m059_20140304143247fae.jpgm056.jpg


来月末には次弾のニクスへの旅のプレリリースイベントが行われ、その翌週にはパック発売となります

これによりラヴニカの回帰、テーロス両ブロックのカードが出きった形となり、スタンダード環境は一気にカードプールが広がります

毎年この春先からの時期がスタンダードが一番おもしろい時期だと言う人も多いのでこれからの盛り上がりに期待したいですね!

スポンサーサイト

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/03/04(火) 14:35:42|
  2. MTG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014/03/08デュエルマスターズ大会 | ホーム | 2014年2月イベントカレンダー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://familiacard.blog.fc2.com/tb.php/143-8b452aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おもちゃのファミリア

Author:おもちゃのファミリア
パルム三条店
新潟県三条市神明町2-1 パルムビル2-1階
025634-5277
月曜~水曜:10:00-20:00
木曜:定休日
金曜~日曜:10:00-22:00
原信吉田店
新潟県燕市吉田東栄町13-15
0256-92-7114
月曜~木曜:10:00-20:00
金曜~日曜:10:00-22:00
お気軽にお問い合わせ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

雑記 (6)
大会情報 (53)
CSA (2)
お知らせ (6)
商品情報 (9)
遊戯王 (16)
ヴァンガード (33)
DM (26)
バトスピ (36)
ラスクロ (4)
バディファイト (3)
MTG (6)
未分類 (5)
ファンタズマゴリア (7)
FoW (20)
ジーククローネ (1)
月間リーグ (1)
サイファ (1)
ボードゲーム (1)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR