おもちゃのファミリア
新潟県のおもちゃのファミリアパルム三条店と原信吉田店の製品情報や大会情報、結果を紹介していきます

セレズニアビート/サイドボード、強化案

先日紹介した、マジック・ザ・ギャザリングのファミリア特製スタンダードデッキが好評をいただいております!

そんな中で、実際に買われた方から「これからどうデッキを組み替えていけばいいのか」というご質問をいただきました


そもそも、今回作ったデッキは「これ1つで大会に出れる」をコンセプトに作成したものなのでここで各デッキのサイドボードの構築やデッキ強化案などを紹介したいと思います

その前にマジックのサイドボードに関するルールを説明したいと思います


もともと、マジックの対戦は1戦2本先取で行うマッチ形式が主流です


1本目のゲームが終了した段階で、プレイヤーはサイドボードのカードとメインボードのカードを入れ替えて2本戦目以降の対戦に備えることができます

このサイドボードに相手への妨害カードや対策カードなどを入れることで試合展開を有利に運ぶことができるわけです


サイドボードを作るとき、ゲーム後にサイドボードを入れ替える場合のルールは以下のとおりです


・サイドボードは15枚以下で構築する
・サイドチェンジ後はメインデッキが60枚以上、サイドデッキが15枚以下にならなければならない
・サイドボードのカードとメインデッキのカードを必ず同じ枚数ずつ入れ替える必要はない


実はこのサイドボードのルールは2013年7月に変更され、上記のようになりました


昔はサイドボードを構築する際は必ず15枚必要だったり、
チェンジする場合は必ずサイドから入れたカードの枚数分、メインデッキのカードを抜かなけれなりませんでした

今のルールだと、たとえばサイドデッキのカードを丸々全部メインデッキにいれることもできますし

75枚のデッキにサイドボードを0枚の状態で対戦をして、2本戦目に移る際にメインのカードを15枚抜いて60枚にする、ということも可能です


まぁそんなことをすることはまずないですが・・・


大体は不要なカードと有用なカードを入れ替える、もしくは有用なカードをいれる、のどちらかになると思います


というわけで説明はこれぐらいにして、早速各デッキのサイド構築、強化案に移りたいと思います



まずは第1弾として紹介したセレズニアエンチャントビートに関してです

早速、サイドボードの一例の紹介です


【セレズニアサイドボード】

2:《空殴り/Skylasher》
2:《鬼斬の聖騎士/Fiendslayer Paladin》
3:《神々の思し召し/Gods Willing》
2:《隔離する成長/Sundering Growth》
1:《根生まれの防衛/Rootborn Defenses》
2:《異端の輝き/Glare of Heresy》
2:《古代への衰退/Fade into Antiquity》
1:《平和な心/Pacifism》



このレシピはあくまでも一例なため、ゲーム環境や自分のプレイスタイルで構築が変わってくる可能性もあります


各カードの解説ですが

もともと、セレズニアデッキの紹介にもあったとおり、弱点はクリーチャー除去となっています

そこでクリーチャーを守るためのカードをサイドボードにいれることで、相手の除去対策が可能となります

《神々の思し召し/Gods Willing》は対象クリーチャーに選んだ色のプロテクションを付与することができますし、相手が赤や黒のデッキだった場合、《鬼斬の聖騎士/Fiendslayer Paladin》を出すことで相手の除去カードの効果を受けないように構えることができます


mtg050.jpgmtg054.jpg



他にはエンチャント、アーティファクト対策となる《隔離する成長/Sundering Growth》《古代への衰退/Fade into Antiquity》が採用されています


mtg053.jpgmtg052.jpg


効果やマナコストを比べると隔離する成長の方が優秀で、このデッキと相性もいいです


しかし、テーロスブロック発売以降は破壊不能なアーティファクト、エンチャントが主流なため、破壊ではなく追放する古代への衰退も必要となってきます


相手のデッキを見て、どちらを入れるか決めるといいかもしれません


他にも同色メタや飛行メタとなるカードを採用することでバランスよく対応できるようなサイドボードとなっています


さて、次に強化案ですが


やはり白緑のセレズニアカラーなら《復活の声/Voice of Resurgence》の存在は欠かせません


mtg059.jpg



対コントロールとなるトークン生成効果、相手への牽制、トークンのスペックとどれをとっても極めて優秀な効果をもつクリーチャーです


が、少々値段も張り、ラヴニカブロックのカードなためこれからスタンダードをはじめるという方へはあまりオススメはできません・・・


同じラヴニカブロックのカードでも安価で優秀なカードは他にもあります


《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》《ワームの到来/Advent of the Wurm》です


mtg055.jpgmtg056.jpg


いずれも強力なクリーチャーを場に出すことができるカードなため相手を選ぶことなく活躍が見込めます


特にワームの到来はトークンを場にだすため、居住効果でトークンをコピーすれば5/5のトランプル持ちクリーチャーを並べることも可能です

このカードを採用する場合はぜひ、居住カードと併せて使いたいですね


テーロスに入ってもセレズニアカラーで使える優秀なカードは増えました


《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》《加護のサテュロス/Boon Satyr》です


mtg057.jpgmtg058.jpg


いずれもテーロスで追加された新しいキーワード能力である怪物化授与を持ちます


怪物化はマナコストを支払うことで怪物化の数値分だけ+1/+1カウンターが置かれ、さらに怪物化したときの効果が発動します


羊毛鬣のライオンは破壊不能を得るためあらゆる破壊カードや戦闘破壊から守ることができるため非常に優秀です

さらに呪禁も得るためバウンスや追放からも身を守ることができるため、怪物化したこのクリーチャーにエンチャントを貼って強化することで安定したゲームを展開することができます


授与は授与分のマナコストを払うことで自分の場のクリーチャーにエンチャントする形で場に出すことが出来ます

仮にエンチャントされているクリーチャーが場を離れても、授与カードは今度はクリーチャーカードとして場に留まるため除去耐性を与えることができます


さらに加護のサテュロスは瞬速を持つため、相手の戦闘にあわせてエンチャントすることで能力修正により自分のクリーチャーを戦闘から守ることも可能です


白緑は基本的にはビートダウンカラーなため、これらの質の良いクリーチャーを選んで採用することでデッキの質も高めることができるかと思います

スポンサーサイト

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/10/30(水) 12:27:48|
  2. 商品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ディミーアコントロール/サイドボード、強化案 | ホーム | 2013/10/26パルム三条店ヴァンガード大会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://familiacard.blog.fc2.com/tb.php/82-1fdb7175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おもちゃのファミリア

Author:おもちゃのファミリア
パルム三条店
新潟県三条市神明町2-1 パルムビル2-1階
025634-5277
月曜~水曜:10:00-20:00
木曜:定休日
金曜~日曜:10:00-22:00
原信吉田店
新潟県燕市吉田東栄町13-15
0256-92-7114
月曜~木曜:10:00-20:00
金曜~日曜:10:00-22:00
お気軽にお問い合わせ下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

雑記 (6)
大会情報 (55)
CSA (2)
お知らせ (6)
商品情報 (9)
遊戯王 (16)
ヴァンガード (33)
DM (26)
バトスピ (36)
ラスクロ (4)
バディファイト (3)
MTG (6)
未分類 (5)
ファンタズマゴリア (7)
FoW (20)
ジーククローネ (1)
月間リーグ (1)
サイファ (1)
ボードゲーム (1)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR